個別フォルダーの種類

個別フォルダーの種類

バーチカルファリングという方法でファイリングするとき、個別フォルダーというものに書類をはさみ、ファイルボックスの中に立てて保管します。
個別フォルダーの種類をご紹介します。

①ロハコ 個別フォルダー

我が家でも使用している個別フォルダーです。
しっかりとした厚みがあり、お手頃価格なので、たくさんそろえたい方におすすめ!
《特徴》
・紙製
・お値段がお手頃 1枚約20円 

②コクヨ 個別フォルダー(PP製)グレー

しっかりとした厚みで、PP製なので、シールの張替えが容易にできます。
白っぽいグレーなので、どんなファイルボックスともデザイン的に合いそう!
《特徴》
・PP製
・お値段少し高め 1枚約100円

③TANOSEE(タノシー)個別フォルダー PP製

しっかりとした厚みで、PP製なので、シールの張替えが容易にできます。
お色はホワイトとなっていますが、半透明素材です。
挟んだ書類が個別フォルダーを開かなくてもうっすら識別でき、わかりやすいです。
《特徴》
・PP製
・お値段 1枚約85円

④セリア 個別フォルダー PP製

100円ショップセリアで気軽に買える、個別フォルダーです。
PP製でシールの張替えが容易にできます。
コクヨやタノシーに比べるとやや厚みが薄いです。
100円ショップのものなので、今後定番で買えるかどうかは不明です。
《特徴》
・PP製。やや薄め。
・お値段 3枚セットで108円
・色 ブラックとホワイトがあります

個別フォルダーとファイルボックスの組み合わせ例

個別フォルダーとファイルボックスを合わせるデザインによっても、イメージががらりと変わります。
おうちの雰囲気に合わせてお選びいただいたり、ぜひお気に入りの組み合わせを見つけて下さいね!

無印良品 ダンボール製(ファイルボックス)×セリア(個別フォルダー)

無印良品 ダンボール製(ファイルボックス)× ロハコ(個別フォルダー)

 

無印良品 折りたたみPP製 (ファイルボックス)× ロハコ(個別フォルダー)

ビュロー(ファイルボックス)× ロハコ(個別フォルダー)